それから、マンション査定をしてもらう際には、現状を正確に伝えることが大切です。へたに隠したりしていると、後々問題に発展します。

5月 27th, 2019

マンション査定というのは、所有しているマンション(または部屋)がいくらの価値があるかをプロの目で判断して査定してもらうことです。
なぜマンション査定を行なうのかというと、所有者はやはりできるだけ高く売却をしたいと考えますが、実情とはかけ離れた値段では購入する人もいなくなるためです。
それでマンション査定業者に頼むわけですが、査定業者はマンションの現状や相場を考慮しながら、基準に沿った価格を提示してくれます。
マンションの査定方法には通常3つの方法があります。ひとつめは、取引事例比較法です。これは類似したマンションの成約事例を元に価格を決定します。
次に、原価法です。不動産近代化センターの査定マニュアルを参考にしながら査定が行なわれますが、中古マンションでは不利になる方法のため主に新しいマンションに用いられます。
そして、収益還元法です。これはマンションが将来生み出すであろうと期待される純収益の現在価値の合計額から経費などを差し引いて経済価値を算定する方法です。
では、マンション査定を行なう場合の注意点について考えて見ましょう。まずは業者選びです。基準になる価格があるとはいっても、やはり業者によって査定額に差は出るものです。
査定価格は高い方が良いかというと、一概にそうとは言えないのです。というのも、中には高い査定額を提示することでマンション販売の権利を得ようとする業者もいるからです。
マンション査定業者は大手が良いとも限りません。地元の業者ならではの情報網を持っている場合もあるからです。
マンションの査定額というのは、あくまでも目安ですから、査定額を上げようとして隠し事をしたりすると、後から売買の取り消しや、最悪の場合には訴訟問題に発展することもあります。
マンション査定を有利にしてもらうためには、時間的な余裕を持つことが必要でしょう。長期的に待つことができるのなら、多少高くても買い手が現れるかもしれません。
また、壁紙を張り替えるのは費用もそれほどかからずに印象が変わるほどきれいになりますので、査定にもプラスになるでしょう。

◆◆◆

ところで、あなたは、お買い物に興味がありますか。

◆恋愛 映画をくわしく調査してみると、なかなか面白い事に気がつきます。◆

Comments are closed.