噛む力はインプラントを伝わって骨が負担するため、残りの歯に負担がかかり過ぎることがありません。

5月 26th, 2019

インプラント治療という言葉を聞いた事はあるでしょうか?
歯が抜けてしまった場合、これまでは入れ歯を入れたり、ブリッジをかけたりすることで抜けた歯を補っていました。
インプラント治療の場合、あごに人工の歯根(インプラント)を埋め込んだ上に人工の歯を入れるので、ほかの治療法と比べると義歯がしっかりと顎に植わっているという違いがあります。
インプラントは適切な手入れをすることによって、他の方法と比較して最も長持ちするので、一生ものと考えられる歯科治療法と言われています。
インプラントの場合は入れ歯と違い、噛んだときに歯肉を押して痛かったりすることもなく、自分の歯と同じように噛むことができます。
インプラントは噛む力を骨で支えるために、残りの歯に負担がかかり過ぎるということがありません。
インプラントは外科手術を伴うので、患者に持病がある場合、その病気の程度や状態によって手術に危険をともなう恐れがあるときは治療ができないことがあります。
また、インプラントは自然の歯と同じで、歯周病には弱いので、長持ちさせるためには、十分な口腔衛生の管理と、定期検査が必要です。
インプラントが歯の根にあたる骨につくまで、少なくても6週間は見なければいけません。他の治療に比べて、非常に長い治療期間がかかります。
インプラント治療は歯科医院によって異なりますが、一本のインプラント治療に対して、合計約30万円から60万円が一般的な治療費でしょう。
現在、全世界で100以上のインプラントメーカーが存在すると言われています。材質は金属アレルギーの起こらないチタンを使用することがほとんどです。
インプラント治療を施術してもらう歯科医院を選ぶ上で重要なのは、治療費だけではなく経験と技術のある歯科医師がいること、しっかりとしたアフターケアを受けられることです。

◆◆◆

ところで、あなたは、お買い物に興味がありますか。

◆既婚者 恋愛がちょっと気になっています。◆

Comments are closed.