ということで養殖とはいえ、華僑の業者から提供されるアジアアロワナは生産管理も大変なことから決して安く手に入る魚ではありません。例えば過背金龍は30万円から300万円と、とんでもない値段です。生きる宝石といってもいい。でも、それだけの魅力がアジアアロワナにはあるのですね。

4月 30th, 2019

アロワナ、それは単なる観賞魚というにはあまりに荘厳で美しく、他の観賞用の熱帯魚とは一線を画す存在といっても過言ではありません。
『シルバーアロワナ』『ブラックアロワナ』は南米に生息しています。オーストラリアに生息するのは『スポッテッッドバラムンディ』と『ノーザンバラムンディ』です。一方、インドネシア、マレーシアに生息するものは『アジアアロワナ』と呼ばれ、世界中の淡水にこれらの五種類が存在します。
アロワナは南米のものもアジアのものもどれもよく似た形ですが、その性質や色などは生産地によってずいぶん異なりますし、人気のあるなしも捕獲される地域によって大きく異なります。
現在、野生のアロワナの一部、特に美しさで定評のあるアジアアロワナは困ったことに手に入れることが不可能となっています。
インドネシアやマレーシアのアジアアロワナは美しく、もともと生息地域が狭かったことに加えて個体数が少なかったことも災いして、観賞用の乱獲であっという間に絶滅の危機にさらされました。
このため、今では野生のアジアアロワナは絶滅危惧種として一切の捕獲そのものが禁止されています。密漁と密輸も相変わらず横行しているようですが、発見されればかなり厳しい罰金を払ったり、国によっては禁固刑になったりします。
ところが面白いことにですね、実はじつは、アジアアロワナは日本に定期的に輸入され、販売されているのです。ペットショップで合法的に買えます。
アジアアロワナの希少価値に目をつけたのは東南アジアの華僑たちです。彼らの手によってアジアアロワナの養殖が始まり、大量生産とは行きませんが、日本にもコンスタントに輸出されるようになりました。
養殖が成功してよかったことがあります。それは純血種と呼ばれる美しい種類が選んで増やされていったために、それまで手に入りにくかった全身金色の美しい個体が確実に手に入るようになったことです。
アジアアロワナの種類は具体的には5種類になります。これには細かい分類もあるのですが、ブリーダーごとの勝手な命名を廃して分類知れば以下です。『紅龍(スーパーレッド)』『過背金龍(マレーシアゴールデン)』『紅尾金龍(インドネシアゴールデン)』『青龍(グリーンアロワナ)』『黄龍(バンジャール)』です。
こうして愛好家の手には何とかぎりぎりのところで大事な宝物として残されたアジアアロワナですが、密漁と区別するために養殖魚もすべて個体登録制で、マイクロチップが埋め込まれるなどの対策が施されています。
養殖できたとは言えども、そういういろんな理由で個体数は少なくて、マレーシアゴールデンの美しい個体では300万円を超えるものもあるとのことです。それだけ魅力的な魚なんですね。

◆◆◆

ところで、あなたは、お買い物に興味がありますか。

◆こんにちは、今日は国際恋愛についてです。◆

Comments are closed.