国連英検という英検制度をあなたはご存知ですか?まったく知らないという方は今でも案外多いのですが、この国際連合主催の英語能力検定試験の受験者が今じわじわ増えています。国連英検は国際連合(the United Nations (略 UN))がその理念に基づいて国際人を増やすために、日本では1981年から始めた英会話普及活動です。

2月 22nd, 2019

国連英検という英語能力検定試験の受験者が今じわじわ増えています。国連英検は国際連合がその理念に基づいて国際人を増やすために1981年から始めたサービスです。
国連英検は現実に国際連合が直面している世界情勢や時事問題に着目しているため(たとえば北朝鮮核査察問題など)、国連英検で扱うトピックスは世界平和、環境問題、科学、文化、日本のアニメやアキバ文化の海賊版問題(-_-;)など国際的な問題すべてに広範囲から用いられています。
国連英検で対象となっているような内容、新聞の国際面ですが、新聞といえばテレビ欄とスポーツ面と社会面しか読まないあなたにとって(失礼)、国連英検を受験するのはあなた自身をレベルアップするよいチャンスです。
国連英検は国連の理念のための手段だとは言っても、英語検定ですから当然ながら基本的な英語力は最優先で判定されます。英語の(語学はすべからくですけど)リスニング、スピーキング、ライティング、リーディング、これらをきちんと使いこなせることが必要です。それにくわえて、日本人の苦手な自己表現能力も求められます。
国連英検はなんだか難しそうに思えてきましたか?でもね、国連検定といってもいろんな段階があるのです。ジュニアテストという子供向けもあるのですが、一般向けの国連英検について少し説明しますね。
国連英検は能力に応じてクラス分けがなされており、最も難しい特A級から簡単なE級まで6段階に分類されています。国連英検は各クラスそれぞれで受験内容が異なります。
国連英検の中で最初のステップ、中学生レベルの英語の総合力を要求するのが国連英検E級です。国連英検の第2段階のD級が高校2年生レベルで、その上の国連英検C級は高卒、大学受験レベルになります。ここまでだと比較的楽に受験できます。
国連英検について国際連合側がすべての人にとってもらえたらと期待するのは、実際のところはこのひとつ上のB級のようです。英語力自体は英語検定準一級ぐらいでいいのだと思いますが、日常生活の中で議論や問題解決を日本語並みにこなす能力が求められます。
国連英検の上位二つに関しては他の英語検定試験とは趣が少し異なります。あくまでも国際連合の目的に従った英語能力検定ですから、国際的な知識や理解力、それらを踏まえて議論できる英会話力といった日本人にはつらい能力を要求されます。
「アソシエート・エキスパート」というのは、国際公務員の志願者のための研修制度です。国連英検A級はその「アソシエート・エキスパート」の選考時に外務省が語学能力を審査するための試験 として用いています。つまり、国連などの国際職員及び、外国の会社、国際的活動に従事するNGOで働く人を養成するための即採用できる英語能力お墨付きの試験でもあります。
さて、いよいよ最終段階です。国連英検の最高峰である特A級ですが、特A級検定試験になると、簡単には通りません。英語の先生でもざくざく落ちます(笑)。国連英検特A級では、種々の状況に対応できる英語力ばかりでなく、国際連合の理想に掲げる、国際的に通用する知識・情報さらには国際人としての教養やマナーなども要求される点に特徴があります。  
国連英検の上位クラスのシビアさが少しだけお分かりいただけたかと思います。きびしい国連英検のA級合格のためのスクールは少ないながら存在しますのでウェブで探してみてくださいませ。国連英検特A級になるともはやスクールでというよりは、そうですね、その人の国際人としての教養が問われるのでしょう。どうせ一度の人生ですから、ハイレベルな国連英検資格国連英検特A級を目指して勉強するのも自分磨きのためにはよいことだと思います。

◆◆◆

ところで、あなたは、お買い物に興味がありますか。

◆タロット占い 恋愛についてご存知でしたか?◆

Comments are closed.