事業所から出る使用済みパソコンの回収は、「資源有効利用促進法」の改正後、メーカーが義務として行なうようになっていますので、家庭用のPCリサイクルとは回収手順が異なります。

2月 17th, 2019

パソコンのリサイクル方法も環境問題が注目されるようになるにつれ、法律で規定されるようになってきました。
パソコンリサイクルは、循環型社会のために使用しなくなったパソコンも新しい資源として再利用できるようにしたものです。
不用パソコンの回収・処理は自治体が行なっていましたが、パソコンメーカーが行なうことにより効率的な再資源化ができるようになりました。回収するメーカーがない自作パソコンなどはパソコン3R推進センターが回収をしていますが、ユーザーの費用負担になります。
パソコンリサイクルの流れとしては、まずメーカーに直接申し込みをすると送られてくる「エコゆうパック」伝票を添付して郵便局へ持ち込みまたは戸口集荷をしてもらいます。
回収されたパソコンは、再資源化センターで分解され、素材ごとに再資源化されるのです。そのまま中古パソコンとして再利用されることはありません。
事業所から出る使用済みパソコンの回収・再資源化は家庭用のPCリサイクルとは異なり、メーカーが義務として行なうようになっていますが、これは「資源有効利用促進法」の改定によるものです。
PCリサイクルをする際に気をつけなければいけないのは、ハードディスクに記録された個人情報などのデータ流出です。
ただし、データを削除したりパソコンを初期化したりしたとしても、データが完全に消えたわけではありませんから、特殊なソフトを使うとデータは回復できることが多いのです。
有償のソフトを使うとハードディスクに固定のデータ情報を書き込んで、元のデータを塗りつぶすことができるので、復元ソフトを使ってもデータ読み取りはできなくなります。
とはいえ、実際のところはリサイクルに出されたパソコンは解体され、ハードディスクも裁断されて素材ごとに分別されてしまうので、この時点で情報が漏洩する可能性はほとんどなくなります。
それでは、パソコンリサイクルの料金はいくらかかるのでしょうか?平成15年10月以降に販売されたパソコンでPCリサイクルマークが貼られているものについては、メーカーの料金負担で回収してもらうことができます。
PCリサイクルマークの無いパソコンの場合は、ユーザーの料金負担になりますが、支払い方法は各メーカーの所定の方法(郵便振替、銀行振込、クレジット、コンビニなど)で支払いをしてからの回収になります。

◆◆◆

ところで、あなたは、お買い物に興味がありますか。

◆芸能人 恋愛のことがなんとなく気になりませんか?◆

Comments are closed.