花びらから搾り取るジャスミンのエッセンシャルオイルはそういう理由で、ごく少量でも大変に高価なのです。しかしときには安価なジャスミンのエッセンシャルオイルを見かけることがありますが、気をつけなくてはなりません。

1月 11th, 2019

エッセンシャルオイル(精油)は自然の植物の樹皮、果皮、花びらや葉っぱ、根っこなどから取り出した天然の香りの主成分のことです。
エッセンシャルオイルはさまざまな香りであり、さまざまな効果を持ちますので、アロマセラピストの手にかかり、正しく用いられると驚くべき効能を発揮します。
エッセンシャルオイルをジャスミンのような花びらから取り出す場合、これはさまざまな取り出し方の中でももっとも大変なのです。山のようなジャスミンの花から取り出せるエッセンシャルオイルはごく少量です。
つまり花びらから圧搾するジャスミンのエッセンシャルオイルはごく少量を作製するだけでも非常に高価な品物になります。極端に安いジャスミンのエッセンシャルオイルには注意してください。
雑貨店など人工的に香り付けしたオイルがフレグランスオイル、アロマオイルなどの名前で売られていたりしますが、それらはエッセンシャルオイルではありません。
さて、アロマセラピーに使われる天然成分100%のエッセンシャルオイル、例えばジャスミンの場合はどのような効能があるのでしょうか?
ジャスミンはJasminum officinale(J.grandiflorum)というモクセイ科の植物で、北アフリカ、イタリアが生産地です。原産地はヒマラヤのあたりらしいです。ジャスミンと聞くとどのような印象をお持ちでしょうか?ジャスミンティーとか、アニメの可愛い女の子の名前とか、なんだかやさしい印象ではないかと思います。
現在、人気のこともあって世界中で生産されているエッセンシャルオイル(精油)で、精製度が高くて不純物の少ない、アロマテラピーの用途に使用されるものは100種類以上あると言われています。それぞれの香りは、違った性質や働きをもっています。
ジャスミンと言う女の子らしいやさしい名前響きに反して、ジャスミンエッセンシャルオイルはエッセンシャルオイルの中では際立って「強い香り」であり、「アレルギーに注意すべき」かなり濃厚で個性的なエッセンシャルオイルの部類に入ります。フローラル系と言う分類でもあります。
ジャスミンエッセンシャルオイルの香りは甘くてエキゾチックで、けっこう強烈です。でも、この強烈な個性が、困難に直面して自信を失ってしまったときに役立つエッセンシャルオイル(精油)と言われています。抗うつ治療にも用いられるなど、落ち着かせてかつやる気を出させてくれると手も役に立つエッセンシャルオイルです。
ジャスミンエッセンシャルオイルのもうひとつの有名な効果は催淫効果です。昔から魔女の媚薬の主成分として用いられていました。女性を興奮させたり、男性のED治療に用いたりすることもできます。
ジャスミンエッセンシャルオイルには催淫効果と同じ仕組みで子宮収縮効果もありますので分娩時の陣痛促進にも用いられます。ところがこれは、妊娠中には早産の引き金になるのでよくないということになります。その辺、医療関係者以外のあなたはよく理解して使ってくださいね。妊娠中以外は素肌に直接つけたりしない限り、あまり気にしなくて言いようですけれども。

◆◆◆

ところで、あなたは、お買い物に興味がありますか。

◆こんにちは、今日は恋愛相談についてです。◆


Counsel for Couples: A Biblical and Practical Guide for Marriage Counseling (English Edition)

価格: <価格>円 レビュー評価: レビュー数:

You aren’t a licensed marriage and family therapist. You didn’t do a doctoral dissertation on pastoral counseling. You’re simply God’s person caring for God’s people in the local church. And the marriages in your church need help.

Many pastors feel ill-equipped to handle the challenges that
...さらに詳しい情報はコチラ


Casamento: Princípios da Vida a Dois (Portuguese Edition)

価格: <価格>円 レビュー評価: レビュー数:

Este livro foi cuidadosamente preparado sobre o sólido alicerce da Palavra de Deus, a fim de orientar casamentos nas áreas mais relevantes da vida matrimonial. O autor, intencionalmente, evitou a linguagem subjetiva e dos excessivos exemplos ou experiências pessoais, muito comum em diversas literatu
...さらに詳しい情報はコチラ


Comments are closed.