近所の人たちにその事実を知られたり、債権者が自宅に押しかけて来たりすることを心配する人が多いのですが、実際にはそのようなことはありません。

12月 28th, 2018

自己破産の件数はこの10年で4倍にも増加しています。消費者金融やクレジットカードのキャッシングなどにより、多重債務に陥ってしまう方が増えているのが原因と言われます。
自己破産とは、お金を借りた人が借金を返済できないことを裁判所に申し立て、借金を帳消しにするという救済制度です。
自己破産と聞くと世間ではあまりいいものではないと思われていますが、借金超過で苦しんでいる人を救済するための制度ですから、一般に思われているほど不利益があるわけではありません。
自己破産をしたからといっても、戸籍に記載されることはありませんし、選挙権も被選挙権もそのままです。当然ながら、子供の進学に影響を与えることはありません。
一番大きいのは、免責を受けることができた場合に債務(借金)の支払い義務がなくなることでしょう。
平成17年1月1日施行の新破産法によって、ある程度の財産を残すこともできるようになりました。
デメリットとしては、自己破産をすると、およそ5年~10年の間は信用情報機関にブラックとして登録されるので、銀行やサラ金からお金を借りたり、クレジット会社からカードの発行を受けたりすることが困難となります。
また、後見人、保証人などになることはできず、会社の役員については退任の理由となります。
さらに、自己破産すると破産者名簿に記載されるので、市区町村発行の身分証明書には破産の記録が記載されることになります。
自己破産をする目安としては、5年間で債務を払いきれるか?というところになります。もし、年収が120万円で生活費に60万円必要だとしたら、返済に60万円×5年=300万円の場合、300万円を超えるなら自己破産をお勧めします。
自己破産の手続きは、知識の少ない素人が1人で行うには、少し難しく、手間がかかるので、専門家に頼むのが良いでしょう。
煩雑な書類の作成をしてくれる、免責を得られる確立も高くなる、債権者からの取立てがなくなるなどのメリットがありますし、なんといっても安心できるところが大きいでしょう。

◆◆◆

ところで、あなたは、お買い物に興味がありますか。

◆恋愛アニメをくわしく調査してみると、なかなか面白い事に気がつきます。◆



Love Lab: Complete Collection/ [Blu-ray] [Import]

価格: 2,980円 レビュー評価: レビュー数:

LOVE LAB:COMPLETE COLLECTION
...さらに詳しい情報はコチラ


Comments are closed.