ネイルスカルプチャーはアクリルやジェルなどの素材を用いて自分の爪の上に自分の爪よりも長い付け爪を造型することを指します(最初にフォームという土台を貼ります。)。爪を補強するために地爪の上に塗るだけの場合はオーバーレイと呼びます。

8月 26th, 2018

ネイルスカルプチャーはアクリルやジェルなどの素材を用いて自分の爪の上に付け爪を造型することを指します。割れやすい爪の人が爪を補強するために地爪の上に塗るだけの場合はオーバーレイと呼びます。スカルプチャーとは造型するという意味を持つのです。
単純にネイルスカルプという場合は最近のネイルサロンの場合、アクリルパウダーとアクリルリキッドで作るネイルスカルプチャーを言い、ジェルのネイルスカルプチャーはジェルネイルと呼ばれることが多いようです。
そのように作成されるネイルスカルプチャーは、両面テープで貼り付けるネイルチップと異なり、自分の爪の上で直接着け爪を形成することになりますので、簡単に取り外し可能なつけ爪ではありません。
ネイルスカルプチャーの利点はでも、なんといっても美しいことです。ネイルチップでは作り出せない自然で美しいそしてゴージャスな造型をネイルスカルプチャーは与えてくれます。
ネイルチップは安いから大量にそろえて毎日取り替えるという楽しみはあります。でも、ネイルスカルプチャーと違ってちょっと物に指先が触れただけで簡単に取れてしまうことがあること、そして形が決まっているので爪のカーブが強い人や個性的な形の人には向きません。
ですから、もともと爪の形が悪かったり、長い爪を好んだりする方には、自分の爪に合わせて自分の希望通りにフォームを自由に作れることや強度が強いことから、ネイルスカルプチャーは便利です。
ネイルスカルプチャーは装着後2~3週間で地爪が伸びてきた時に、根元に境目が出来たり、スカルプチャーが浮いたり、欠けたりしますので、 定期的なメンテナンスが必要になります。とるときにも削るか溶かすかなのでまた費用がかかります。
ネイルスカルプチャーを1円でも安く上げるためには、ネイルスカルプチャーサロン代を浮かせる、自分でできる自宅ネイルスカルプチャーキットの利用もありえます。慣れるまではネイルサロンに行かなくてはなりませんが、器用でまめな人は案外楽しいかもしれません
ネイルスカルプチャーのお手入れのためにも自宅用のネイルスカルプチャーケアキット購入は考えておいていいかもしれませんね。だってまめにお手入れしないとカビが生えることがあるのですから。ネイルスカルプチャーをそのときにあわてて剥がすにも薬剤で溶かすから、費用も地爪へのダメージも大きくなります。
とはいうものの、美しさの点で、耐久性からもネイルスカルプチャーをお勧めします。ジェルとスカルプとありますが、どちらがお勧めかと言いますと、これはその人次第です。アクリルよりもジェルの方がネイルスカルプチャーをつけるのは簡単ですがその分、耐久性は落ちます。逆にジェルは柔らかい分、万一折れたときの地爪への影響はアクリルより少なくすみます。
アクリルネイルスカルプチャー、あるいはアクリルネイル。ネイルサロンで一般的に、「スカルプチチャー」と呼ばれるのはこの形式です。 混ぜると重合反応が起こり硬化するアクリルパウダーとアクリルリキッドを用いて付け爪を造型します。においがきついという欠点はありますが、比較的安価で、アセトンに溶けるため剥がしやすいです
ネイルスカルプチャーはあなたの指先を美しく引き立ててくれますが、本当の爪ではありません。ご自身の仕事など、使用状況をよく考えて、ジェルかアクリルか選んでくださいね。最近はカルジェルがカビの生えにくい、そして扱いやすいジェルタイプとして人気です。でも、どれを選ぶにしても、ネイルチップとは違って少し予算やお手入れの手間はかかりますから、よく考えてあなたのネイルスカルプチャーを選んでください。

◆◆◆

ところで、あなたは、お買い物に興味がありますか。

◆恋愛 名言についてご存知でしたか?◆

Comments are closed.