ネイルスカルプチャーを1円でも安く上げるためには、ネイルスカルプチャーサロン代を浮かせる、自分でできる自宅ネイルスカルプチャーキットの利用もありえます。慣れるまではネイルサロンに行かなくてはなりませんが、器用でまめな人は案外楽しいかもしれません

5月 24th, 2018

ネイルスカルプチャーとはアクリルやジェルと言った成型可能なケミカル素材で、自分の爪の上に直接付け爪を作り出すことを言います。ネイルスカルプ、ときには単にスカルプ、と省略したりもしますね。
ネイルスカルプ、と一口で言う場合、あるいはネイルサロンで作ってくれる場合の大部分はアクリルパウダーとアクリルリキッドで作る場合を指すようです。ジェルと紫外線で作る方はジェルネイルと呼ばれます。ジェルネイルスカルプチャーの素材のひとつはカルジェルと呼ばれたりもします。
アクリルネイルにしろジェルネイルスカルプチャーにしろ、どちらにしても土台は自分の爪ですから、一度作ったらはがすには溶かすか削るしかありません。ネイルチップのように簡単に着けたり取ったりはできませんのでご注意ください。
しかしネイルスカルプチャーは市販のネイルチップに比べて持続性があり、自然な感じがしてフォームが綺麗に見えるので人気があります。
ネイルチップがネイルスカルプチャーに負けてしまうのは、ネイルスカルプチャーは自由自在にフォームを作れるのに対し、ネイルチップは標準的な爪の形に合わせて作られていると言うところです。
ネイルチップはそういうことで、個性的な手をしている方、小柄な方、爪の形が一般的ではない方(個性ですから悪いことではないですよ)には向きません、そういう方には自在なフォームが作れるネイルスカルプチャーの選択をお勧めします。
ネイルスカルプチャーのほとんどいい点ばかり書いてしまいましたが、ネイルスカルプチャーにも当然ながら欠点はあります。最大の問題はネイルサロンで作ってもらうとアクリルネイルスカルプチャーにしろジェルネイルスカルプチャーにしろ、けっこう高くつくということです。
ネイルスカルプチャーの費用を少しでも抑えようと思えば、自宅でできるネイルスカルプチャーキットもありますし、趣味として楽しいかもしれませんが、それも初期費用はかかりますし、ともかく慣れるまではネイルサロンでやってもらう必要があります。
ネイルスカルプチャーは地爪の成長に合わせて伸びるわけではありませんので、まめにケアしないとネイルスカルプチャーと伸びてきた地爪との隙間にカビが生えることがあります。スカルプをとるには溶かすしかないので、地肌や地爪も傷めます。
ネイルスカルプチャーのそういう欠点を割り引いてもネイルスカルプチャーは美しさの点で圧倒的にお勧めです。では、ネイルスカルプチャーの中での選択ですが、ジェルとアクリルはどちらが良いのでしょうか?ジェルのネイルスカルプチャーの方が柔らかくて、塗るだけなので自宅でも作製しやすいです。また、柔らかい分、折った時のダメージは少なめです。
アクリルネイル。一般的に、「スカルプチチャー」と呼ばれるのはこの形式です。 混ぜると重合反応が起こり硬化するアクリルパウダーとアクリルリキッドを用いて付け爪を造型します。アクリル重合反応のときのにおいがきついという欠点はありますが、比較的安価で、アセトンに溶けるため剥がしやすいです
ネイルスカルプチャーは魅力的な付け爪ですが、ジェルもアクリルも一長一短です。カビにくいカルジェルと言う、いいとこ取りの製品も最近人気みたいですけど。ネイルチップに比べれば丈夫で美しいという利点はどれにもあります。予算や生活(お仕事)に合わせてよく考えて選んでくださいね。

◆◆◆

ところで、あなたは、お買い物に興味がありますか。

◆理系 恋愛がちょっと気になっています。◆

Comments are closed.