ネイルスカルプチャーのケアの問題ですが、ネイルスカルプチャーを作って2週間もすると自分の爪がかなり伸びてきて、段差が目立つので、ネイルスカルプチャーはまめなリペアーが必要です。さぼっているとカビが生えたりします。また、とるには溶かすしかありませんので地爪へのダメージもあります。

4月 30th, 2018

ネイルスカルプチャーとはアクリルやジェルと言った成型可能なケミカル素材で、自分の爪の上に直接付け爪を作り出すことを言います。ネイルスカルプ、ときには単にスカルプ、と省略したりもしますね。
ネイルスカルプチャー、あるいはネイルスカルプ、と一口で言う場合、また、最近のネイルサロンで作ってくれる場合の大部分はアクリルパウダーとアクリルリキッドで作る場合を指すようです。ジェルと紫外線で作る方はジェルネイルと呼ばれたりします。
ネイルチップは両面テープではるだけですから着脱簡単ですが、地爪に直接付けるネイルスカルプチャーは簡単にはとりはずせません。
ネイルスカルプチャーは市販のネイルチップに比べて持続性があり、美しい爪が作れること、そしてそれが自然な感じがしてフォームが綺麗に見えるので人気があります。
ネイルチップが安くて種類が豊富でありながらネイルスカルプチャーに負けてしまうのは、ネイルスカルプチャーは自由自在にフォームを作れるのに対し、ネイルチップは標準的な爪の形に合わせて作られていると言うところです。
ですから手の小さい人、指の細い人、爪の形が独特の人、そういった方の場合は、自分の爪に合わせて自由にフォームを作れるネイルスカルプチャーのほうが圧倒的に有利です。
ネイルスカルプチャーはネイルサロンでの装着後2~3週間で地爪が伸びてきた時に、爪の根元とネイルスカルプチャーとの間に境目が出来たり、スカルプチャーが浮いたり、欠けたりしますので、 定期的なメンテナンスが必要になります。とるときにも削るか溶かすかなのでまた費用がかかります。
ネイルスカルプチャーはネイルサロンで作ると高いのですが、慣れれば自分で作ることもできますし、自宅用ネイルスカルプチャーキットも売られていますので、安くあげることはできます。器用な人は楽しいかもしれません。でも、きちんとした教育を受けたネイリストのいるネイルサロンでまずはよく指導してもらってください。
ネイルスカルプチャーで作った爪は上にも書きましたが、付け爪の部分は当然ながら成長しませんので、地爪が伸びてくると段差が目立つようになりますので、まめにリペアーする必要が出てきます。これをさぼるとカビが生えることがあります。外すときには薬剤で地肌や地爪を傷める可能性もあります。
ネイルスカルプチャーはネイルチップと違って、自分の爪にあわせて作っていきますので綺麗で自然な仕上がりです。ジェルネイルは紫外線で硬化させますが、それまではかたまらないので何度も塗りなおせるのもいいですね。
大半のネイルサロンで行っているネイルスカルプチャーの技法は「アクリルネイル」です。 ネイル専用のアクリルパウダーとアクリルリキッドを重合反応によって結合させたもので爪の長さを足して造型していきます。
ネイルスカルプチャーはあなたのお仕事や生活環境、つまり使用状況をよく考えて、ジェルかアクリルか選んでくださいね。最近はカルジェルがカビの生えにくいジェルタイプとして人気です。どれを選ぶにしても、ネイルチップとは違って少し予算やお手入れの手間はかかりますから、よく考えてあなたのネイルスカルプチャーを選んでください。

◆◆◆

ところで、あなたは、お買い物に興味がありますか。

◆恋愛相性占いをくわしく調査してみると、なかなか面白い事に気がつきます。◆


豆しば 気になる人との相性占い

価格: 905円 レビュー評価: レビュー数:

...さらに詳しい情報はコチラ


Life Navigator 1000 動物占い 恋愛編

価格: 1,080円 レビュー評価: レビュー数:

...さらに詳しい情報はコチラ


Comments are closed.