痛みも少なくて一瞬で穴を開けられるので、ピアスガンを使った方法が人気があります。

4月 28th, 2018

一般的にピアスの穴を開けるときにはニードルかピアスガンを使用します。
人気があるのが、一瞬で穴を開けられて痛みも少ないピアスガンを使う方法です。
ただ、自分で開けたりするのはしこりができたり、雑菌が入って化膿する場合もあるので病院で開けてもらうようにしましょう。
穴を開けたら、初めのうちはファーストピアスと呼ばれるスタッドの太いピアスを着けておきます。
4~8週間でピアスホールの中が皮膚になりますが、それ以降も消毒は続けて雑菌が付かないようにしてください。
炎症を起こしたり、汗で不衛生になりがちなので、夏に穴を開けるのは控えた方が良いでしょう。
よく聞く話ですが、ピアスの穴から白い糸が・・・というのがありますが、まったくの迷信です。
けれども、体質的に出血すると止まらなくなるとか、妊娠している女性は、ピアスを開けるのは止めておいた方が良いでしょう。
また、金属アレルギーをお持ちの方も医療機関でチタンやステンレスの器具を使うようにしてもらうと、ほとんどアレルギーが出ることはないようです。
ピアスの素材には、シルバー製や18金などありますが、金属アレルギーの方にはボディピアスでも使われるアクリル樹脂製をお勧めします。
棒状のピアスを留め金で止めるのがスタッドピアス、輪になっているのがリングピアスです。ポストがフックになっているものやチェーンでできたアメリカンピアスも人気があります。
さあ、これであなたもファッションに合わせたピアスを選べるようになりますね。

◆◆◆

ところで、あなたは、お買い物に興味がありますか。

◆祈願 魔術の箱 恋愛にご興味ありますか?◆

Comments are closed.