一般的にピアスの穴を開けるときにはニードルかピアスガンを使用します。

4月 27th, 2018

ピアスにあこがれる女性は多いですが、一般的にピアスの穴を開けるのにはニードルかピアスガンを使用します。
ピアスガンを使う方法だと、一瞬で穴を開けられるし、ファーストピアスも同時に装着できます。
もっとも、病院に行かずに自分で開けたり友人に頼むのは、雑菌が入ったり肝炎ウィルスが移る可能性もあるので止めたほうが良いでしょう。
初めは、穴が落ち着くまでファーストピアスというスタッド(棒)の太いものを着けておきます。
ピアスホールが落ち着くまでは大体4~8週間ほどかかりますが、その後もシャワーや消毒をして清潔にしておきましょう。
炎症を起こしたり、汗で不衛生になりがちなので、夏に穴を開けるのは控えた方が良いでしょう。
ところで、ピアスの穴を開けて目が見えなくなったらどうしようなんて心配をする人がいますが、耳たぶに視神経は通っていないのでご安心を。
それでも、血が止まりにくい体質の人や妊娠している人はピアスの穴を開けるのは止めておきましょう。
また、穴を開けた後も患部が赤くはれたり、痛みがある場合には医師に相談をしてください。
チタンや18金、シルバーなど、ピアスの素材も色々ありますが、アクリル樹脂製なら金属アレルギーの人も大丈夫でしょう。
ピアスの形も、スタッドタイプやリングピアスを始めとして、アメリカンピアスにはポストが釣り針状になったものやチェーンでできたものがあります。
ピアスホールが落ち着いたら、その日の気分や洋服に合わせて色々なピアスにトライしてみましょう。

◆◆◆

ところで、あなたは、お買い物に興味がありますか。

◆恋愛 診断をくわしく調査してみると、なかなか面白い事に気がつきます。◆

Comments are closed.