また、骨盤が開いた状態にあるので、横座りや足を組むのはさけて、姿勢を正して座るようにしましょう。

3月 31st, 2018

産後ダイエットを成功させるコツについて考えてみました。
おなかのぽっこりが戻らない、出産前の服が着れないなどお悩みも様々。
妊娠中というのは、運動はもとより、なにかと体を動かすことが少なくなりがちです。
それから、お腹が大きくなるせいで動作がゆっくりになるし、体をねじったりもしにくくなります。
すると、筋肉も衰えてしまうので、基礎代謝が下がり、太りやすい体質になってしまいます。
おまけに、骨盤が開いた状態にあるせいで、下腹部が出たり、お尻が大きくなる原因にもなります。
産後は、早くもとの体型に戻したいとあせる気持ちはわかりますが、無理なダイエットはいけません。
後から体調を崩してしまったり、基礎代謝がさらに低下して、ますます太りやすい体質になってしまいます。
だから、産後ダイエットでは摂取カロリーだけをカットするのではなく、基礎代謝量を上げる努力が必要です。
はじめに食事ですが、授乳期は特にカロリーを気にするよりも、バランスを考えて食べるようにします。
また、産後は骨盤が開いた状態にあるので無理に動きすぎたりせずに、リフォーム下着を着けて、ストレッチや軽い運動をしましょう。
産後ダイエットでは、体重よりも筋肉量を元に戻すことを心がけると、基礎代謝が増えて自然にやせられるようになります。

◆◆◆

ところで、あなたは、お買い物に興味がありますか。

◆恋愛時代についてご存知でしたか?◆

Comments are closed.