風水インテリアのさまざまな本が出版されていますね。たとえばお金がたまる風水を作るために部屋のある方角に黄色い色の絵を貼りなさいとか。

10月 31st, 2011

インテリア風水とは家の間取りや、マンションの部屋のインテリアを風水の考え方にしたがって方角や色等を意識して配置することで、自然界に流れる良い気をとりいれ、家や部屋の運気の向上を図って住む人の運気をアップさせようという風水術です。
風水インテリアは古代中国で生まれた風水術にしたがって家具の色や配置、間取りの工夫することでよい運勢を作り出すものです。では、そもそも風水とは何でしょうか?
風水が中国の学問であることを知っておいてください。占星術ではありませんし、ファイナルファンタジーに出てくるからといって仮想現実の魔道師のジョブではありません。(わからない人ごめんなさい^^;)。
風水という古代中国の学問は都市計画のために発達しました。例えば平安京の作られた京都盆地に現代中国の風水師を連れて来ると、今では道標しか立っていない宮殿あとをズバリと指摘します。
インテリア風水は、狭い日本で暮らす我々が、風水の考え方を家の中に応用して一人一人の家や、果ては部屋に至るまでインテリアを駆使してその風水の知識の恩恵にあずかろうというものです。
バイオリズムとか、運気とか、そういったその人個人のリズムに関する考え方があることをご存知でしょうか?運気のリズムは人それぞれで異なるのですが、その運気は生活している環境で大きく左右されます。それを部屋単位で整えるのが風水インテリアというわけです。
風水インテリア術では実際にどうやってインテリアと風水を上手く組み合わせて考えていけばいいのでしょうか?基本はやはり風水なのですが、例えば家はどういった場所、間取りがいいのか?道路や川といった近所の地形は?など色々な疑問が出てきます。
風水の基本の考え方に五行があります。万物を5つに分類するというもので、ファイナルファンタジーで風水師に技を覚えさせたときのあの木、火、土、金、水の五種類の分類ですよ(笑)。
風水インテリアの五行にしたがって目に見える範囲の家具やカーテンなどを配置換えするのですが、それだけでなく、不用品の処分や配置も大事です。不用品を物置等にしまっておくだけでも気の流れが乱れたりもします。
風水インテリアなんて怪しい占い師の新手の詐欺だ、ドクターコパの金儲けの陰謀だ、と思っていて眉につばつけてみている人も多いと思いますが(私もそうでした)、実は風水インテリアを家屋内に当てはめると、実際に家屋内の空気の流れがよくなることが多いのです。風水インテリアの概念が四季それぞれで違うことからもそれは伺えますね。
風水インテリアでは四季の変化に応じて家具の配置を換えますが、これは四季それぞれの温度や風向きを考えてあります。風水を気にして家の中を考えることで、つまりカビやダニが発生しにくくなり、呼吸器の病気やアレルギーも起こりにくく、物も腐りにくくなるのです。また、的確な色の配置が住む人の健康に及ぼす心理学上の有効性も報告されています。
風水インテリアをいくら駆使しても、部屋の清掃が滞っていると良い気は部屋には入って来てくれないそうです。風水インテリアの効果によくするためにも、自分の住んでいる所を大切にする気持ちを持ちましょう。

◆◆◆

ところで、あなたは、お買い物に興味がありますか。

◆韓国人 恋愛にご興味ありますか?◆

DVD付 モムチャンダイエット

価格: 1,800円 レビュー評価: レビュー数:

...さらに詳しい情報はコチラ




Comments are closed.