ネイルチップはプラスチック製で安いし着脱も容易ですが、それは言い換えると簡単に取れてしまうし、爪の形が個性的な人にはネイルチップは向いていません。ネイルスカルプチャーの方が断然お勧めです。

10月 4th, 2019

ネイルスカルプチャーはアクリルやジェルなどの素材を用いて自分の爪の上に付け爪を造型することを指します。割れやすい爪の人が爪を補強するために地爪の上に塗るだけの場合はオーバーレイと呼びます。スカルプチャーとは造型するという意味を持つのです。
ネイルスカルプ、と一口で言う場合、あるいはネイルサロンで作ってくれる場合の大部分はアクリルパウダーとアクリルリキッドで作る場合を指すようです。ジェルと紫外線で作る方はジェルネイルと呼ばれます。ジェルネイルスカルプチャーの素材のひとつはカルジェルと呼ばれたりもします。
ネイルスカルプチャーは付け爪の中では一番新しい種類になります。付け爪でもっとも単純なのはプラスチックの付け爪を両面テープで貼るだけのネイルチップです。
ネイルスカルプチャーの利点はでも、なんといっても美しいことです。ネイルチップでは作り出せない自然で美しいそしてゴージャスな造型をネイルスカルプチャーは与えてくれます。
ネイルチップはプラスチック製で安いし着脱も容易ですが、それは言い換えると簡単に取れてしまうし、爪の形が個性的な人にはネイルチップは向いていません。ネイルスカルプチャーの方が断然お勧めです。
ネイルスカルプチャーはそういうことで、もともと爪が小さいとか形が個性的な方の場合、あるいは長い付け爪がほしい方の場合は、形が自在で強度も十分なネイルスカルプチャーはお勧めです。
ネイルスカルプチャーの欠点は、値段が高いこと、作るのに時間がかかること、作る人の腕次第で出来栄えがずいぶん変わること、ネイルスカルプチャーと地爪のずれが出てくるのでまめな手入れが必要なこと、などです。
ネイルスカルプチャーは何度かネイルサロンで作ってもらって慣れれば自分で作れますし、自宅用キットも売られていますので、安くあげることはできます。器用な人は楽しいかもしれません。でも、きちんとした教育を受けたネイリストのいるネイルサロンでまずはよく指導してもらってください。
ネイルスカルプチャーのケアに関してですが、ネイルスカルプチャーで作った爪は当然ながら成長しませんので、地爪が伸びてくると段差が目立つようになりますので、まめにリペアーする必要が出てきます。これをさぼるとカビが生えることがあります。外すときには薬剤で地肌や地爪を傷める可能性もあります。
とはいうものの、美しさの点で、耐久性からもネイルスカルプチャーをお勧めします。ジェルとスカルプとありますが、どちらがお勧めかと言いますと、これはその人次第です。アクリルよりもジェルの方がネイルスカルプチャーをつけるのは簡単ですがその分、耐久性は落ちます。逆にジェルは柔らかい分、万一折れたときの地爪への影響はアクリルより少なくすみます。
ネイルサロンでネイルスカルプチャーといえば最近ではもっぱら、アクリルパウダーとアクリルリキッドを混ぜて作るネイルスカルプチャーです。ある程度の時間で、アクリルが硬化してしまうため、形を作るのにはタイムリミットがありますが、丈夫で長い爪が作りやすいです。
ネイルスカルプチャーはあなたのお仕事や生活環境、つまり使用状況をよく考えて、ジェルかアクリルか選んでくださいね。最近はカルジェルがカビの生えにくいジェルタイプとして人気です。どれを選ぶにしても、ネイルチップとは違って少し予算やお手入れの手間はかかりますから、よく考えてあなたのネイルスカルプチャーを選んでください。

◆◆◆

ところで、あなたは、お買い物に興味がありますか。

◆恋愛アニメのことがなんとなく気になりませんか?◆

Comments are closed.