つまり、マイホームに長く住むためには家の衰えも、子供の成長も、大人の衰えも、偶然の天災も、いくつもの要素に対応するためのリフォームは欠かせないものになります。

10月 3rd, 2019

三井のリフォーム~♪と言う宣伝、耳にされたことありますよね。宮沢りえさんのTVCMデビュー作でした。
リフォームを考える前には当然、家を手に入れられていますよね。家は安い買い物ではありません、一生に一度の買い物と言ってもいいものです。
安く買うための住宅ローン契約だけではありません、子供の教育や地域の環境も考えて手に入れたお気に入りのマイホーム、マイマンション、思い入れもひとしおですし、ずっと住みたい我が家です。
そんな大切で愛すべき大事な我が家ですが、残念ながらいつまでも新築同様ではありません。リフォームすべきことが増えていきます。地震でひびが入ったとか、エアコンの配線が駄目になったとか。
マイホームを建てたときには小さかった子供も大きくなって手狭に感じたり、健康だった両親も階段を上るのにふうふう言い出したり。家族の問題も出てきます。
そうなんです、リフォームが避けて通れないと言うのは、家のさまざまな問題も、あなたの家族のさまざまな問題も、時の経過とともに噴出するからなのです。それに対応するリフォームは必要なのです。
リフォームは額が大きいですから利子がついているとはいっても金融機関のリフォームローンで支払うのが一般的です。リフォームの費用って、計算してみると驚くぐらい高いですから。
テレビCMでは可愛い女優さんが朗らかに宣伝していますが、見積もってみると案外これ、笑えませんよね。リフォームローンにしてもいくら支払うことやら。
それなのにフラット35などの非常に有利な融資は、残念ながらリフォームローンには適用できません。
住宅金融支援機構はリフォームローンには基本的に別扱いなのですが、実は政策誘導型リフォームなどのいくつかの条件に合致すればリフォーム融資を受けることができるのです。
と言っても住宅金融支援機構の場合はいろいろと条件は厳しいので、利子が安いとはいってもあまりそれだけを追いかけないで民間のリフォームローンも比較して考えておきましょうね。
もっとも大事なのはリフォームのための予算をどう獲得するかです。使えるリフォームローンに応じて工事を考えるのも大事なポイントです。

◆◆◆

ところで、あなたは、お買い物に興味がありますか。

◆新恋愛にご興味ありますか?◆

Comments are closed.