最初の発見が牛の眼球の硝子体からだったために、そのままこの物質の名前になりました。ギリシャ語のHyaloid(硝子体)、多糖体の構造単位であるUronic acid(ウロン酸)からの造語です。

10月 2nd, 2019

ヒアルロン酸と言う言葉はご存知だと思います。いろんな化粧品などに入っていますね。ではどんなものか具体的にご存知ですか?
ヒアルロン酸は複合糖質からなる生体高分子で、細胞間に存在してさまざまな機能を発揮している。こう聞いてもわかりませんよね(^^;)。
非科学的に言うと(笑)、ヒアルロン酸は身体の中のあちこちで活躍している糖質です。多く含まれる場所もわかっています。
では、人間の身体でどんな部位にヒアルロン酸がたくさん含まれているかというと、加齢でしわのできる場所である皮膚、関節液、眼球内、赤ちゃんのへその緒です。鶏のとさかにもたくさん含まれています。なんかイメージ湧いてきましたか?
ヒアルロン酸は牛の目の硝子体から1934年にアメリカのコロンビア大学で抽出されました。
ヒアルロン酸の名前はまさしく最初にそれを取り出した眼球から来ています。Hyaloidは硝子体で、Uronic acid(ウロン酸)は多糖体の構造単位です。
店頭に並んでいる、あるいはネット通販で売れているアンチエイジングの化粧品の成分表を見ると、最近ではヒアルロン酸がことごとく含まれています。健康食品、医薬部外品の添加物としても良く含まれています。
年をとると皮膚にみずみずしさがなくなり、薄くなってしわが増えていきます。そういう皮膚をムチムチの赤ちゃんの皮膚と比べたときにがっくり減っているのがヒアルロン酸なのです。それを補充すればアンチエイジングってわけですね。
というわけで、保水力に優れるヒアルロン酸は、皮膚の潤いを保つための化粧品なら何でも、化粧水、スキンクリーム、入浴剤などに配合されているのですね。しわができないぷるぷるでつやつやの素肌と言うわけです。
美容とアンチエイジングばかりが有名になったヒアルロン酸ですが、生体高分子である特性を生かして医療用としてもさまざまな活躍を見せています。化粧品でのアンチエイジングだけではありません。
その弾性と保湿力、さらに生体高分子であると言う特性を利用して、幅広く使われているのは癒着防止剤や創傷治癒剤です。また、関節液の改善や、眼科手術の補助剤としても有名です。
さて、大活躍のヒアルロン酸の医療応用で最も人気が高い分野は、実は美容整形です。やはりアンチエイジングのヒアルロン酸皮下注入ですね。塗るより注入した方が早い。ごもっともです。

◆◆◆

ところで、あなたは、お買い物に興味がありますか。

◆恋愛小説をくわしく調査してみると、なかなか面白い事に気がつきます。◆

Comments are closed.