ネイルチップが安くて種類が豊富でありながらネイルスカルプチャーに負けてしまうのは、ネイルスカルプチャーは自由自在にフォームを作れるのに対し、ネイルチップは標準的な爪の形に合わせて作られていると言うところです。

7月 21st, 2019

ネイルスカルプチャーとは、付け爪の一種ですが、意味を正確に翻訳すると爪を作り出す、造型すると言う意味です。アクリルやジェルなどを使って自分の爪よりも長い付け爪を直接自分の爪の上に作り出します。
ネイルスカルプチャーと言えば最近では、ほとんどの場合はアクリルネイルを指します。つまりアクリルパウダーとアクリルリキッドで形作ることです。ジェルの場合はジェルネイルと呼ばれることが多いですね。カルジェルというのはジェルネイルスカルプチャーの一部です。
ネイルチップは両面テープではるだけですから着脱簡単ですが、地爪に直接付けるネイルスカルプチャーは簡単にはとりはずせません。
ネイルスカルプチャーは市販のネイルチップに比べて持続性があり、美しい爪が作れること、そしてそれが自然な感じがしてフォームが綺麗に見えるので人気があります。
ネイルチップがネイルスカルプチャーに負けてしまうのは、ネイルスカルプチャーは自由自在にフォームを作れるのに対し、ネイルチップは標準的な爪の形に合わせて作られていると言うところです。
ネイルチップはそういうことで、個性的な手をしている方、小柄な方、爪の形が一般的ではない方(個性ですから悪いことではないですよ)には向きません、そういう方には自在なフォームが作れるネイルスカルプチャーの選択をお勧めします。
ネイルスカルプチャーはさまざまな点でネイルチップなどの他の付け爪よりも優れているのですが、欠点ももちろんあります。値段が高いのが第一の欠点ですね。そして時間がかかるのがネイルスカルプチャーの第2の欠点。上でも述べましたがネイルスカルプチャーははがすのも一苦労です。
ネイルスカルプチャーの費用を少しでも抑えようと思えば、自宅でできるネイルスカルプチャーキットもありますし、趣味として楽しいかもしれませんが、それも初期費用はかかりますし、ともかく慣れるまではネイルサロンでやってもらう必要があります。
ネイルスカルプチャーのケアに関してですが、ネイルスカルプチャーで作った爪は当然ながら成長しませんので、地爪が伸びてくると段差が目立つようになりますので、まめにリペアーする必要が出てきます。これをさぼるとカビが生えることがあります。外すときには薬剤で地肌や地爪を傷める可能性もあります。
ネイルスカルプチャーの中では、ジェルネイルは爪に張ったフォームの上にジェルを塗り、これをUVで固めるものです。紫外線(UV)を当てるまでは硬くならないので、ゆっくりスカルプを作ることができます。逆にネイリストの腕が、うまい下手がはっきり出るネイルスカルプチャーですけど。
アクリルネイルスカルプチャー、あるいはアクリルネイル。ネイルサロンで一般的に、「スカルプチチャー」と呼ばれるのはこの形式です。 混ぜると重合反応が起こり硬化するアクリルパウダーとアクリルリキッドを用いて付け爪を造型します。においがきついという欠点はありますが、比較的安価で、アセトンに溶けるため剥がしやすいです
ネイルスカルプチャーはジェルもアクリルもどちらも一長一短です。簡単につけられるジェルなのに形が作りやすくカビにくいカルジェルと言う、いいとこ取りの製品も最近人気みたいですけど。でも、どれを選ぶにしてもネイルチップに比べれば丈夫で美しいという利点はあります。予算や生活(お仕事)に合わせてよく考えて選んでくださいね。

◆◆◆

ところで、あなたは、お買い物に興味がありますか。

◆恋愛 悩みにご興味ありますか?◆

Comments are closed.