基本的には、運転資金の不足を補うための短期返済のローンですが、返済途中でも何度でも融資を追加することができるため、長期返済に応用することも可能です。

7月 20th, 2019

商工ローンを利用する際には、どのような特徴があるローンなのか?をきちんと調べることが不可欠です。
商工ローンは、中小企業を対象にしたノンバンク系の金融業者で、利用対象者は事業者(主に中小企業)になります。
商工ローンは、以前マスコミでも取り上げられたように高い金利や厳しい取立てというイメージが先行しているため、最近は「ビジネスローン」や「スモールビジネスローン」という商品名にしているところもあります。
商工ローンの特徴として銀行と比べて無担保で借りられる、融資までの実施が早い点などがあげられます。
銀行や他の金融機関で返済能力がないと判断された場合でも、連帯保証人を複数つけて融資を受けることが可能ですが、最近は連帯保証人さえも必要のない業者も増えています。
無担保でのローンだけでなく、金融機関が取り扱わない権利関係が複雑な不動産・調整区域の不動産・借地権・地上権・故人名義の未相続不動産など多種多様な不動産を担保にしたローンを扱う会社もあります。
商工ローンでは、利息は主債務者から、元金は保証人から回収するのが通常ですが、保証人は過去だけでなく将来の債務についても責任を負わされるので注意が必要です。
また、商工ローンの多くは、利息制限法に定める上限金利を超え、出資法に定める上限金利に満たないグレーゾーンという金利を採用しています。
このように、商工ローンでは金利リスクが大きいわけですから、短期的な借り入れでの利用が財務リスクを低減する上で注意する点となります。
商工ローンはインターネットで申し込みをすることできるので、店舗へ行く必要はありません。必要書類の提出も郵送やファックスで送ることができます。
商工ローンの正式な手続きに必要なものは、会社によっても多少の差がありますが、1.印鑑証明、2.実印、3.会社登記簿、4.決算書(2~4期程度)などになります。
商工ローンの会社を選ぶのにも、金利や審査の簡単さ、融資額などのポイントがあります。また、最近は保証人不用のローンもあります。

◆◆◆

ところで、あなたは、お買い物に興味がありますか。

◆恋人たちのクリスマスをくわしく調査してみると、なかなか面白い事に気がつきます。◆

Comments are closed.