耳の後ろで留めるのがスタッドピアス、リングになっているのはフープピアス、フックやチェーンで引っ掛けるアメリカンピアスなど、形によって呼び方も違います。

7月 17th, 2019

一般的にピアスの穴を開けるときにはニードルかピアスガンを使用します。
ピアスガンは一瞬で穴をあけられる上、ほとんど痛みもありません。
もっとも、自分で開けたり友人に頼むと、しこりが出来たり、雑菌が入って化膿する場合もありますので、必ず病院で開けてもらいましょう。
穴を開けたら、初めのうちはファーストピアスと呼ばれるスタッドの太いピアスを着けておきます。
だいたいピアスホールが落ち着くまで4~8週間ですが、その後も消毒を続けたり、ぬるま湯のシャワーで清潔に保つようにしてください。
夏は、紫外線による炎症が起きやすく、汗で不衛生にもなりがちですので、新しい穴を開けるのは避けた方が良いでしょう。
ピアスの穴から出た白い糸が・・・なんていう話を聞いたことがあるかもしれませんが、まったくの迷信です。耳たぶに視神経はありませんから。
しかしながら、中にはピアスを開けない方が良い人もいます。血が止まりにくかったり、妊娠中の場合は気をつけましょう。
それに、アレルギー体質の人は、まず医師に相談をしてみてください。患部が腫れたりすると精神的にも苦痛です。
ピアスの素材にも色々ありますが、金属アレルギーの人はアクリル樹脂製を使うと良いでしょう。
ピアスにも色々な種類がありますが、スタッドピアスや、リングピアス、アメリカンピアスなどが一般的です。
しばらくすると穴も落ち着きますから、ファッションに合わせて色々なピアスを試してみましょう。

◆◆◆

ところで、あなたは、お買い物に興味がありますか。

◆年下 恋愛について調べてみました。◆

Comments are closed.